女性を生きるための哲学入門

松田幸子 著

たしかに女性は哲学者から人間扱いされていなかったこともある。それは本文の中で少し触れておいた。しかし、女性が女性を強調するときに陥る落し穴は、人間としての普遍的考え方の欠如である。今後男女共同参画社会が理想的に実現すれば、もはや女性も「女らしく生きよ」という呪縛から解き放たれ、一個の人間としての義務は何かということを、正しく考えながら生きることが要求されるであろう。したがってこの本は、そのような時代を生きるための考え方の基礎となるものとして書いたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代社会には哲学は不必要か?
  • 生きることと考えること
  • 働くということ
  • 女性をとりまく人間関係
  • 女性にとっての幸福と教養
  • 人間の幸福と科学技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性を生きるための哲学入門
著作者等 松田 幸子
書名ヨミ ジョセイ オ イキル タメノ テツガク ニュウモン
シリーズ名 Natsume哲学の学校 1
出版元 夏目書房
刊行年月 1999.2
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4931391559
NCID BA41101206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20006534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想