ニーチェの病跡 : ある哲学者の生涯と旅・その詩と真実

小林真 著

この本は、独文学者としてのニーチェの長い間の読書と、精神医学者としての臨床と研究との融合によって成っている。文学者と医学者の二つの側面を持つ著者ならではの労作である。ニーチェを梅毒性の精神異常、つまり進行麻痺に侵された人と診断し、作品と生涯の綿密な分析解明が行われている。この分野での先人の研究にも丁寧に誠実に言及がなされている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニーチェの病態像と病歴(トリノでのカタストロフィー(1888年12月〜1889年1月)
  • カタストロフィーまでの伏線-多幸症(Euphorie)と妄想形成(Wahnbildung)(1888年9月末〜1888年12月)
  • バーゼルにて(1889年1月10日〜1月17日)-急性期 ほか)
  • 第2章 ニーチェ病跡学の歴史(一般人および知人たちの、ニーチェの病気(精神病)についての見解
  • ニーチェの妹Elizabethのニーチェの病気についての見解
  • W.W.Ireland:Fr.Nietzsche,a study in mental science.『F.ニーチェ、その精神医学的研究』(1901) ほか)
  • 第3章 ニーチェ病跡学からニーチェ人間学へ(ニーチェ病跡学の総括とその問題点
  • ニーチェの病識と病気観
  • 心理学者としてのニーチェとフロイトおよびユンク ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニーチェの病跡 : ある哲学者の生涯と旅・その詩と真実
著作者等 小林 真
書名ヨミ ニーチェ ノ ビョウセキ : アル テツガクシャ ノ ショウガイ ト タビ ソノ シ ト シンジツ
出版元 金剛
刊行年月 1999.9
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 4772406255
NCID BA44004782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20001662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想