天皇教的精神風土との対決

竹内芳郎 著

討論なしに民主主義はありえない。哲学者・竹内芳郎と「討論塾」塾員たちが天皇制・人権・「平和憲法」・戦後補償・マルクス主義などをめぐって真の討論を模索した10年の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理念とその実践(討論塾開設に向けて
  • 討論塾・塾則
  • 塾報からの断章)
  • 2 挫折とその教訓(第一次事務局を担ったXA氏らの場合
  • 第二次事務局を担ったXG氏の場合
  • 第四次事務局を担ったYB氏の場合)
  • 3 主題とその深化(天皇制(教)論
  • 「平和憲法」再考
  • マルクス主義論 ほか)
  • 4 時代認識(現代民主主義をめぐって
  • 沖縄問題について
  • 比較文明論から見た現代文明の課題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇教的精神風土との対決
著作者等 竹内 芳郎
書名ヨミ テンノウキョウテキ セイシン フウド トノ タイケツ : トウロン ジュク ソノ リネン ト ジッセン
書名別名 「討論塾」-その理念と実践

Tennokyoteki seishin fudo tono taiketsu
出版元 三元社
刊行年月 1999.7
ページ数 469p
大きさ 21cm
ISBN 4883030598
NCID BA43457533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想