春は八月に来た

セッセ・コイヴィスト 著 ; 金箱裕美子 訳

"癒し"の物語として女性読者の共感を呼んだフィンランドのベストセラー。白夜の湖を舞台に、離婚の悲しみを乗り越えていく動物学者の姿を鮮烈に描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春は八月に来た
著作者等 Koivisto, Sesse
金箱 裕美子
コイヴィスト セッセ
書名ヨミ ハル ワ ハチガツ ニ キタ
書名別名 Kevät tuli elokuussa
出版元 彩流社
刊行年月 1999.3
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 4882025175
NCID BA50274996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99128466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フィンランド語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想