八木重吉 : 詩と生涯と信仰

関茂 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • I 八木重吉の生涯 / 7
  • 荒野の家庭 / 9
  • さびしい父 / 14
  • 生いたち / 19
  • 青春 / 24
  • 出会い / 29
  • 結婚 / 34
  • 幸福と影 / 39
  • 桃子 / 45
  • キリスト / 52
  • 捨て身のねがい / 57
  • 発病 / 64
  • 昇天 / 70
  • II 八木重吉その後 / 77
  • 残された妻子 / 79
  • 最初の追悼記事 / 84
  • 『貧しき信徒』 / 89
  • 聖家族 / 94
  • 不幸な時代 / 100
  • 山雅房版『八木重吉詩集』 / 105
  • 出会い-吉野秀雄 / 109
  • 廃墟のなかの詩 / 114
  • 井上良雄の眼 / 119
  • 無名時代の終り / 125
  • 墓前の二人 / 130
  • 『定本八木重吉詩集』の完成 / 135
  • III 八木重吉の信仰 / 141
  • 「私はいま神を見た」 / 143
  • 現臨感と遍在感 / 148
  • ひとりの相手に惚れぬく / 157
  • 白熱の感想文「聖書」 / 164
  • 一念称名 / 170
  • 矛盾と相剋 / 180
  • 苦しければ苦しいままで / 190
  • 光と闇のかなた / 199
  • あとがき / 217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 八木重吉 : 詩と生涯と信仰
著作者等 関 茂
書名ヨミ ヤギ ジュウキチ : シ ト ショウガイ ト シンコウ
シリーズ名 新教新書
出版元 新教出版社
刊行年月 1965
版表示 復刊
ページ数 220p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4400641120
NCID BA30513824
BN09627337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65007849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想