女ひとり漂泊のインド : 恵みの岸辺ヴァーラーナスィー

渡辺みえこ 著

これはかつて誰も書かなかったインド、誰も書けなかった女の旅、誰もたどれなかった魂の旅路。-その悲惨、聖性、極限での魂のふれあい、出会い、別れ、死と再生-「生きるとはなにか」を問い続ける異色のノンフィクション紀行文学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • そこがカルカッタ-寒さと飢えと路上の女たち
  • インド女性、サンディアとの不思議な出会い
  • 母なるガンジス
  • 理想郷から来た女性、サンディア
  • 天国に一番近い盆地、カトマンドゥー
  • 逝ってしまった女性(ひと)、安那の歌声
  • 神の書記(チャネラー)と
  • 聖霊降臨
  • 此岸の体、サンディアの体温
  • ナマステ(さよなら)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女ひとり漂泊のインド : 恵みの岸辺ヴァーラーナスィー
著作者等 渡辺 みえこ
書名ヨミ オンナ ヒトリ ヒョウハク ノ インド : メグミ ノ キシベ ヴァーラーナスィー
出版元 彩流社
刊行年月 1999.9
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4882025965
NCID BA44867847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想