敦煌と日本の説話

川口 久雄【著】

本巻は、敦煌と日本の説話について広く全体を見渡しているもの、および日本の説話に敦煌出土の代表的な俗変が、いかに投影されているかを論じた論文を収載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 敦煌と日本の説話文学(敦煌と日本の説話概論
  • 説話文学の展開
  • 説話と説経師 ほか)
  • 第2篇 敦煌俗変と日本の説話文学(王昭君変文と日本の王昭君説話
  • 敦煌本舜子変文・菫永変文と日本説話文学
  • 敦煌本捜神記と古本説話集 ほか)
  • 第3篇 敦煌俗変と日本の記紀神話(孟姜女説話と記紀神話
  • 李陵変文と記紀ヤマトタケル説話)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敦煌と日本の説話
著作者等 川口 久雄
書名ヨミ トンコウ ト ニホン ノ セツワ
シリーズ名 敦煌よりの風 / 川口久雄 著 2
出版元 明治書院
刊行年月 1999.9
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 4625511879
NCID BA42938059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想