覇王群雄伝 : 書下ろし戦国シミュレーション  乱世風雲篇

橋本純 著

天正10年(1582年)5月、安土城にあった織田信長は一つの決断をした。中国地方を支配する毛利軍を攻めあぐねている羽柴秀吉からの援軍要請に応じ、自ら備中高松に出陣するのだ。その高松には、すでに信長の嫡男・信忠の姿もあった。近衆だけで京・本能寺に入った信長一行を明智光秀の軍が取り囲む。炎に包まれる本能寺、天下統一という信長の野望は、ここに夢破れた…。信長横死-その報をいち早く知ったのは、備中の秀吉だった。秀吉は信忠を総大将に信長の敵討ちに燃えるが、織田家の将来には暗雲が漂う。柴田勝家、羽柴秀吉、滝川一益、前田利家、そして徳川家康…戦国乱世を勝ち残り、信長の遺志を受け継ぐのは、果たして誰か!?壮大なスケールで新たなる戦国史を構築する新シリーズ、スタート。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 覇王群雄伝 : 書下ろし戦国シミュレーション
著作者等 橋本 純
書名ヨミ ハオウ グンユウデン : カキオロシ センゴク シミュレーション
シリーズ名 Wani novels
ワニの本
巻冊次 乱世風雲篇
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 1999.9
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4584178623
全国書誌番号
99123443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想