時間と自由 : カント解釈の冒険

中島義道 著

「私」が哲学する意味とは、自分の実感に沿って忠実に考え、語りだすことにほかならない。現在のカント研究・哲学研究のあり方を批判し、哲学の本質を問いつづける著者は、時間、とりわけ「今」という自身の哲学的命題を、テキストの読みかえを通して探究する。カントの引力圏からの飛翔を試みる知の冒険。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 時間・自由・因果性(「今」への問い
  • 時間における自由
  • 自由による因果性
  • 時間の超越論的論証 ほか)
  • 2 現象と仮象(ランベルトの現象学
  • ファイヒンガーの虚構主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間と自由 : カント解釈の冒険
著作者等 中島 義道
書名ヨミ ジカン ト ジユウ : カント カイシャク ノ ボウケン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.9
ページ数 339p
大きさ 15cm
ISBN 406159396X
NCID BA43064337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99125656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想