胆石症を完全に治す本 : 傷跡が目立たない、入院が短期間ですむ、根治できる腹腔鏡下胆嚢摘出術のすべて

山川達郎 著

腹腔鏡下胆嚢摘出術のメリット-胆石症の根治療法になる、入院期間が短くてすむ、手術後の痛みが非常に軽い、腸閉塞や肺合併症が非常に少ない、傷跡がほとんど残らない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 胆石症とは何か
  • 第2章 胆石はなぜできるか
  • 第3章 胆石症の症状
  • 第4章 胆石症の検査法
  • 第5章 胆石症の新しい治療法
  • 第6章 胆石症を予防するための日常生活
  • 第7章 腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた体験談

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 胆石症を完全に治す本 : 傷跡が目立たない、入院が短期間ですむ、根治できる腹腔鏡下胆嚢摘出術のすべて
著作者等 山川 達郎
書名ヨミ タンセキショウ オ カンゼン ニ ナオス ホン : キズアト ガ メダタナイ ニュウイン ガ タン キカン デ スム コンジデキル フクコウキョウカ タンノウ テキシュツジュツ ノ スベテ
シリーズ名 ビタミン文庫
出版元 マキノ
刊行年月 1999.9
ページ数 210p
大きさ 19cm
ISBN 4837611133
全国書誌番号
99128047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想