もし、みんながブッシュマンだったら

菅原和孝 著

狩猟採集の民ブッシュマンのもとにとびこんだ文化人類学徒が、自閉症の息子とともに生きる意味を問い直しながら、カラハリ砂漠の自然に溶け込んで暮らす人びとの文化と人生のありようについて、理解を深めてゆく。そしてかれは、妻、息子たちといっしょにブッシュマンの人びとを訪ねるための旅に出る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「蒸気飛行機はいい飛行機」
  • 第2章 夢の国の奥へ
  • 第3章 月明かりのやぶ
  • 第4章 記憶の舞台-とうさんはライオンにくわれた
  • 第5章 ホローハの音が聞こえる
  • 第6章 ガマに咬まれる
  • 第7章 ヒョウと踊った男
  • 第8章 デウを殺すまで
  • 第9章 「アフリカ旅行、楽しくなります」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もし、みんながブッシュマンだったら
著作者等 菅原 和孝
書名ヨミ モシ ミンナ ガ ブッシュマン ダッタラ
書名別名 Moshi minna ga busshuman dattara
出版元 福音館書店
刊行年月 1999.9
ページ数 403p
大きさ 19cm
ISBN 4834016250
NCID BA44525311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99123102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想