荒野の流され王 : 月の帝の物語

藤川桂介 著

時の天皇が"日の帝"と呼ばれるのに対し、その弟である一条の大臣は、"月の帝"と異称された。それは、一条の大臣が、こよなく月を愛し、月からも愛されたからである。しかも、この大臣は恋多く、女性からも愛され、ある種の"異能"の持ち主でもあった。さて、月の帝が中心になって推進された、京の都の葵祭りの夜、高位高官の者たちの屋敷が、盗賊に荒らされた。月の帝は、それを自分への挑戦と受けとり、秘かに行動を起こした。果たして盗賊の正体は何者か。何が目的か-。狂おしい恋がからんだ、華麗なる平安絵巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荒野の流され王 : 月の帝の物語
著作者等 藤川 桂介
書名ヨミ コウヤ ノ ナガサレオウ : ツキ ノ ミカド ノ モノガタリ
シリーズ名 小学館キャンバス文庫
出版元 小学館
刊行年月 1999.10
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4094305629
全国書誌番号
99123292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想