実行の着手

黒木忍 著

本書は、先ず「実行の着手の基本概念」について検討し、さらに、犯罪の基本類型に属する「間接正犯」、「原因において自由な行為」、「離隔犯」、「過失犯」、「不作為犯」、「結合犯」、「共犯」、それに「実行の着手と同時に既逐となる犯罪」等について、各犯罪類型の基本構造を明確にするため主要な学説を検討して、これらの犯罪の実行の着手時期について私見を述べることにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 実行の着手の基本概念
  • 2 間接正犯における実行の着手時期
  • 3 原因において自由な行為における実行の着手時期
  • 4 離隔犯における実行の着手時期
  • 5 過失犯における実行の着手時期
  • 6 不作為犯における実行の着手時期
  • 7 結合犯における実行の着手時期
  • 8 共犯における実行の着手時期
  • 9 実行の着手と同時に既遂となる犯罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実行の着手
著作者等 黒木 忍
書名ヨミ ジッコウ ノ チャクシュ
シリーズ名 学術選書
出版元 信山社
刊行年月 1998.12
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 4797218274
NCID BA40828898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99127754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想