通信革命 : 世界をつなぐ夢のダイヤル

庄司茂樹 編

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 驚くべき通信技術の発達《トランジスタが歴史を変えた》 / p3
  • 一 文明の進歩への貢献--会話から電気通信まで-- / p10
  • 二 権力と結びついた郵便--やはりルネッサンスが転機-- / p16
  • 三 電気通信の誕生--革命の夜明けは一三〇年前-- / p18
  • 四 日本の電信電話--一一〇年で世界一流へ-- / p23
  • 五 日本における技術革新--世界一へ進む国産技術-- / p32
  • II 世界をつなぐダイヤル網《海外へ市内と同じ気楽さで……》
  • 一 〝近い国〟から〝大陸間〟へ--前提は国内のダイヤル即時化-- / p38
  • 二 日本の国番号は「八一」--世界中の番号統一へ-- / p55
  • III 電子交換機《広がる電話の夢》
  • 一 小型化、スピード化をめざして--交換機の発達-- / p70
  • 二 時間の分割か、空間の分割か--多重使用を可能にする-- / p81
  • 三 消える電話局--電子交換機に期待されるもの-- / p86
  • IV 脚光浴びるPCM方式《周波数分割から時分割へ》
  • 一 一つの線路で何通話も--需要増にこたえる〝多重化〟 / p94
  • 二 ここにもトランジスタの霊験--安上がりになった多重方式-- / p98
  • 三 音声を断続して符号にする--日米で実用化したPCM-- / p102
  • 四 通信網もがらりと変わる--多重化は極限まで-- / p110
  • V ホープ〝データ通信〟登場《電子計算機と結ぶ最先端の威力》
  • 一 オリンピック史上初の快挙--閉会式に全記録がそろっていた-- / p114
  • 二 データ通信の種類 / p118
  • 三 事務処理も大きく変わる--促進されるオートメーション化-- / p129
  • 四 将来のデータ通信--予想できない明日の姿-- / p142
  • VI 未来への果てしない夢《衛星・海底ケーブル・光・ミリ波》
  • 衛星通信
  • 一 開発に意欲燃やすアメリカ--商業用通信も目前に-- / p146
  • 二 衛星通信の仕組み--地上からの指令電波で活動-- / p151
  • 三 通信衛星の軌道--極・傾斜・赤道の三種類-- / p154
  • 四 高性能の地上局設備--送・受信機とアンテナのトリオ-- / p156
  • 五 通信衛星の構造--信頼度の高い部品が使われる-- / p160
  • 六 これからの課題--電話には時間がかかりすぎる-- / p161
  • 海底ケーブル
  • 一 新技術開発で再びフットライト--世界海底ケーブル網の完成-- / p164
  • 二 世界にのびる日本のケーブル--すぐれた技術を背景に-- / p175
  • 光通信
  • 一 電波のかわりに光を--ガスレーザーが中心-- / p181
  • 二 放電管で発振されるレーザー--惑星間通信にも利用-- / p184
  • ミリ波通信
  • 一 金属管の中を通す--マイクロ波の次にくるもの-- / p191
  • 二 導波管一本で一五万通話も--世界にさきがける日本-- / p197
  • むすび / p201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 通信革命 : 世界をつなぐ夢のダイヤル
著作者等 庄司 茂樹
書名ヨミ ツウシン カクメイ : セカイ オ ツナグ ユメ ノ ダイヤル
書名別名 Tsushin kakumei
シリーズ名 日経新書
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1965
ページ数 209p
大きさ 18cm
NCID BN12946821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65004670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想