午後の人々

アントニー・ポウエル 著 ; 小山太一 訳

本書に描かれる世界はもはや機能不全に陥った世界である。それを支配するルールは、主人公を望ましいパートナーと結びつける力をすでに失っている。小説の後半、舞台は海辺に移り、そこでプリングルの自殺事件が起こったりもするのだが、死という問題さえもこの腐臭の漂いはじめた世界を破ってはくれない。悲劇はありえず、アトウォーターもスーザンもハリエットもバーロウもソフィもプリングルも、機能不全の社交喜劇の登場人物でしかありえない。一次大戦が終わり、永遠の繁栄を約束されるかに見えた「ジャズ・エイジ」アメリカがひっくり返ってしまった大恐慌の初期の時代に書かれたポウエルのデビュー作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 午後の人々
著作者等 Powell, Anthony
小山 太一
ポウエル アントニー
書名ヨミ ゴゴ ノ ヒトビト
書名別名 Afternoon men
出版元 水声社
刊行年月 1999.9
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 4891764015
NCID BA43005393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99118306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想