「奥の細道」を歩く

松井 利彦【監修】;真島 満秀【写真】

日本人にとって永遠のテーマ、「奥の細道」。思いたった時に、どこからでも旅立てるように、全行程を30コースに分けて紹介しています。「歩く」ことにこだわったガイドです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『奥の細道』の秀句
  • 奥の細道
  • 奥の細道画巻
  • 芭蕉歌枕の旅
  • 芭蕉が歩いた「奥の細道」をたどる全30コース

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『奥の細道』の秀句
  • 奥の細道
  • 奥の細道画巻
  • 芭蕉歌枕の旅
  • 芭蕉が歩いた「奥の細道」をたどる全30コース(深川‐日光‐白河
  • 白河‐飯坂‐仙台
  • 仙台‐松島‐平泉
  • 平泉‐山寺‐新庄
  • 新庄‐出羽三山‐鶴岡
  • 鶴岡‐象潟‐新潟
  • 新潟‐親不知‐金沢
  • 金沢‐山中‐福井
  • 福井‐敦賀‐大垣)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「奥の細道」を歩く
著作者等 山と渓谷社大阪支局
真島 満秀
松井 利彦
書名ヨミ オク ノ ホソミチ オ アルク
シリーズ名 歩く旅シリーズ
出版元 山と溪谷社
刊行年月 1999.9
版表示 改訂第2版
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 4635240444
NCID BA45352977
BA59836326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20003554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想