いとほしくかなし

幸田美智子 著

「山も空も、太陽も月も、草木も花も、生きているもの在るものすべてが愛しくなりました」-日を追うごと短歌の魅力に惹かれ、著者は、素直な自分に出会い、こころが潤ってきたといいます。この度、住まいのある京都はもとより、講演先の東北、北陸、中部、四国、九州などの地で詠んだ短歌、百二十五首が、一冊の歌集にまとまりました。カラー頁には著者プロデュースのきものをあしらい、どなたでも興味がもてるよう詞書きを添えた読みやすい構成となっています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • こころ揺らめき
  • 過ぎざらめやも
  • 水面は鏡
  • 近江の国
  • 春の香ぞする
  • 風わたりゆき
  • 七夜の影
  • 胡麻の峰
  • 鮮らけき青
  • 祇王寺〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いとほしくかなし
著作者等 幸田 美智子
書名ヨミ イトオシク カナシ
シリーズ名 幸田美智子歌集 / 幸田美智子 著 1
出版元 白川書院
刊行年月 1998.12
ページ数 59p
大きさ 17×19cm
ISBN 4786700274
全国書誌番号
99118013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想