とやま県境踏破 : 無雪期

池原等 著

後立山連峰から飛越・加越・能越と300キロにわたって続く富山県の県境は道なきヤブ山がほとんど。延べ90日、無雪期にいちいちヤブを分けての踏破は初の壮挙。本書はその格闘の跡を400点に及ぶ写真と文で綴る貴重な記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 玉ノ木海岸〜大平地区
  • 大平地区〜白鳥山
  • 白鳥山〜朝日岳〜白馬岳
  • 雪倉岳岩場〜照葉の池上部
  • 白馬岳〜三俣蓮華岳〜北ノ俣岳
  • 神岡新道〜寺地山〜北ノ俣岳
  • まむし洞峠〜送電線鉄塔
  • まむし洞峠〜神岡新道
  • まむし洞峠〜北ノ俣避難小屋
  • 唐尾峠〜まむし洞峠〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 とやま県境踏破 : 無雪期
著作者等 池原 等
書名ヨミ トヤマ ケンザカイ トウハ : ムセツキ
出版元 桂書房
刊行年月 1999.6
ページ数 225p
大きさ 21cm
ISBN 4905564034
全国書誌番号
99120168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想