絶望の書 : 辻潤エッセイ選 ですぺら : 辻潤エッセイ選

辻潤 著辻潤 著

幼時にキリスト教を信仰し、のちダダイストとして登場、自由を求めて絶望を知り、伊藤野枝と結婚し数年で離婚、尺八を吹き各地を流浪の末、巷間に窮死した辻潤(1884-1944)。後年大杉栄の元に行った野枝との回想「ふもれすく」を始め、著作集『浮浪漫語』『ですぺら』『絶望の書』等と未収録エッセイより、小説「三ちゃん」を含む二十五篇で構成。詩人の魂を持つこの無類の思想家の現代的魅力を伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一滴の水
  • 浮浪漫語
  • 自分だけの世界
  • 「自由」という言葉
  • 価値の転倒
  • 三ちゃん 小説
  • ですぺら
  • ダダの話
  • ぷろむなあど・さんちまんたる
  • ふもれすく〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶望の書 : 辻潤エッセイ選 ですぺら : 辻潤エッセイ選
著作者等 辻 潤
書名ヨミ ゼツボウ ノ ショ : ツジ ジュン エッセイ セン. デスペラ : ツジ ジュン エッセイ セン
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.8
ページ数 279p
大きさ 16cm
ISBN 4061976761
NCID BA42672042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99117815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想