中国侵略の空白 : 三光作戦と細菌戦

「アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会」実行委員会 編

中日戦争が泥沼化し、太平洋戦争に突入したあと、日本軍は中国大陸でさらなる残虐行為を犯していた。侵略戦争の事実を強く否認し、身構えてきた戦後の日本社会のなかで私たちはどのように生きてきたのか。悲惨な事実を前にしてなお傷つかない日本人の、負の遺産の継承を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 三光作戦-焼きつくし、殺しつくし、奪いつくす(三光作戦とその背景
  • 山西省での初期三光作戦
  • 長城線の村々につくられた「無人区」
  • 北〓村の毒ガス事件)
  • 第2部 明らかになる細菌戦(中国における細菌線調査の現状
  • 中国各地の細菌戦被害を告発する)
  • 第3部 日本社会の現状をどう越えていくか(日本の心の文化を問い返す
  • 加害の国、日本の加害者、私
  • 日中高校生の歴史認識と教科書問題
  • 大人のための「戦争論」-戦争認識をめぐるアイデンティティ・クライシス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国侵略の空白 : 三光作戦と細菌戦
著作者等 「アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会」実行委員会
戦争犠牲者を心に刻む会
「アジア太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会」実行委員会
書名ヨミ チュウゴク シンリャク ノ クウハク : サンコウ サクセン ト サイキンセン
書名別名 Chugoku shinryaku no kuhaku
シリーズ名 アジアの声 第12集
出版元 東方
刊行年月 1999.7
ページ数 186p
大きさ 21cm
ISBN 4885916127
NCID BA42030045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99119547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想