ラビット・アングストローム  2

ジョン・アップダイク [著] ; 井上謙治 訳

主人公は1933年生まれ。その容貌から「ウサギ」と呼ばれる彼、ハロルド・アングストロームは、男の本性に忠実な、典型的な中産階級のアメリカ人だった-。『走れウサギ』(1960)からスタートし、『帰ってきたウサギ』(1971)、『金持になったウサギ』(1981)、『さようならウサギ』(1990)と四つの作品で書き継がれた、欲望と悔悟に彩られた「ウサギ」の生涯。20世紀後半の激動の歴史を背景に、執筆期間30余年、5000枚に描かれた人生の真実。本書は、最初で最後の4部作一括刊行となる。井上謙治全訳。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラビット・アングストローム
著作者等 Updike, John
井上 謙治
アップダイク ジョン
書名ヨミ ラビット アングストローム
書名別名 Rabbit Angstrom

Rabitto angusutoromu
巻冊次 2
出版元 新潮社
刊行年月 1999.7
ページ数 946p
大きさ 22cm
NCID BA42744857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99110216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想