X線撮影のポジショニングと読影のポイント

平松慶博 編

各撮影部位ごとに、その「撮影の意義」「撮影条件(被曝量含)」「撮影法のポイント」「読影のポイント」「適応疾患」をまとめたもので、単純写真の読影に携わる医師はもとより、撮影現場の診療放射線技師、さらにナースや学生にも役立つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 単純撮影(頭・頸部
  • 脊椎
  • 骨・関節
  • 胸部
  • 腹部)
  • 2 造影検査(消化管
  • 胆道系
  • 尿路
  • 脊髄腔
  • 頭部血管造影
  • 胸部血管造影
  • 腹部血管造影
  • 上・下肢血管造影)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 X線撮影のポジショニングと読影のポイント
著作者等 平松 慶博
書名ヨミ Xセン サツエイ ノ ポジショニング ト ドクエイ ノ ポイント
シリーズ名 画像診断リファレンス
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 1999.6
ページ数 281p
大きさ 26cm
ISBN 4895537978
NCID BA42295050
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99112156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想