封神演義の世界 : 中国の戦う神々

二階堂善弘 著

三千年前の中国を舞台に、太公望や傾国の美女・妲己ら歴史上の人物をはじめ仙人・妖怪が戦いを繰り広げる古典小説『封神演義』。今も中国社会に大きな影響を与え続けるこの奇書のルーツと登場する神々の由来を探り、知られざる意義を明らかにしてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『封神演義』はどのような小説か?(『封神演義』のストーリーについて
  • 紂王と妲己-あらすじ ほか)
  • 第2章 『封神演義』の成立(『武王伐紂平話』と『春秋列国志伝』
  • 『伐紂平話』の概略 ほか)
  • 第3章 戦う神々の由来
  • (『封神演義』の真の価値?
  • 『封神』と宗教文化 ほか)
  • 第4章 明代神怪小説の世界(明代神怪小説の特色
  • 『八仙東遊記』-八人の仙人 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 封神演義の世界 : 中国の戦う神々
著作者等 二階堂 善弘
書名ヨミ ホウシン エンギ ノ セカイ : チュウゴク ノ タタカウ カミガミ
書名別名 Hoshin engi no sekai
シリーズ名 封神伝 6
あじあブックス 6
出版元 大修館書店
刊行年月 1998.11
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4469231460
NCID BA38830150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99109057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想