化粧の民俗

石上七鞘 著

化粧の役割、眉への思い、耳の意味。日本人は自分の顔を化粧をどのように捉えていたのか。民俗学の視点から、様々な伝承を元に分かりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 化粧の伝承
  • 第2章 眉の伝承
  • 第3章 髪の伝承
  • 第4章 目の伝承
  • 第5章 耳・鼻の伝承
  • 第6章 口・歯・舌の伝承
  • 第7章 額・頬・顎の伝承
  • 第8章 白・黒・赤の伝承

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化粧の民俗
著作者等 石上 七鞘
書名ヨミ ケショウ ノ ミンゾク
書名別名 Kesho no minzoku
出版元 おうふう
刊行年月 1999.3
ページ数 210p
大きさ 19cm
ISBN 4273030608
NCID BA41276957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99108861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想