これが生物学だ

エルンスト・マイア 著 ; 八杉貞雄, 松田学 訳

本書は、すでに90歳を越えた著者がまったく新しく書き下ろした、生物学の歴史と現状とそして未来を語ったものである。生物学の特質はなにか、物理科学とはどのように異なるか、それは自律的な学問であるか、われわれ自身やわれわれの倫理についてなにを教えてくれるか、など、著者が長年にわたって蓄え培ってきた知識と哲学が驚くほどの若々しさで語られている。さらに、生物学で問われる「なにが」、「いかに」、「なぜ」という三つの問いを具体的に明示するために、多様性生物学、発生生物学そして進化生物学について、これまで用いられてきた概念や方法論に照らしてその特性が述べられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「生命」の意味するもの
  • 2章 科学とは何か
  • 3章 科学は自然界をどう説明するか
  • 4章 生物学は生物世界をどう説明するか
  • 5章 科学は進歩するか
  • 6章 生命科学はどのような構造を持っているか
  • 7章 質問「何が」:生物多様性の研究
  • 8章 質問「いかに」:新しい個体の形成
  • 9章 質問「なぜ」:生物進化
  • 10章 生態学は何を問うか
  • 11章 ヒトはどこで進化に適合するか
  • 12章 進化は倫理を説明できるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これが生物学だ
著作者等 Mayr, Ernst
八杉 貞雄
松田 学
マイア エルンスト
書名ヨミ コレ ガ セイブツガク ダ : マイア カラ 21セイキ ノ セイブツ ガクシャ エ
書名別名 This is biology

マイアから21世紀の生物学者へ

Kore ga seibutsugaku da
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1999.6
ページ数 324p
大きさ 22cm
ISBN 4431708316
NCID BA42122198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99106649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想