円仁唐代中国への旅 : 『入唐求法巡礼行記』の研究

エドウィン・O.ライシャワー 著 ; 田村完誓 訳

慈覚大師円仁の著わした『入唐求法巡礼行記』は、日本最古の旅日記で、世界三大旅行記の一つともされる。五台山への巡礼、長安資聖寺での生活、廃仏毀釈の法難。九年半にわたる円仁のさすらいと冒険の旅の記録は、唐代動乱の政治や庶民の生活を克明正確に描写する。本書は、この旅行記の魅力と歴史的価値を存分に論じるライシャワー博士畢生の研究の精華である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 円仁の日記
  • 第2章 円仁-巡礼と師父
  • 第3章 遣唐使
  • 第4章 円仁と中国官吏
  • 第5章 唐における生活
  • 第6章 大衆の仏教
  • 第7章 仏教弾圧
  • 第8章 中国における朝鮮人
  • 第9章 帰朝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円仁唐代中国への旅 : 『入唐求法巡礼行記』の研究
著作者等 Reischauer, Edwin O.
Reischauer, Edwin Oldfather
田村 完誓
ライシャワー エドウィン・O.
書名ヨミ エンニン トウダイ チュウゴク エノ タビ : ニットウ グホウ ジュンレイ ギョウキ ノ ケンキュウ
書名別名 世界史上の円仁

Ennin's travels in T'ang China
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.6
ページ数 529p
大きさ 15cm
ISBN 406159379X
NCID BA41617617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想