心臓病診療プラクティス  20

吉川純一 ほか編著

医療・医学の進歩にはめざましいものがあるが、一方では「この診断法や治療法でよいのか」と疑問を感じることも、ゆっくりとではあるが確実に増加してきた。日常診療の中で、これらの問題点は無視されるか、解決されないまま診療が継続される傾向にある。本書は、今後の心臓病診療の問題点を的確に指摘している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 虚血性心疾患
  • 2 弁膜疾患
  • 3 心筋症
  • 4 心不全
  • 5 不整脈
  • 6 血管疾患

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心臓病診療プラクティス
著作者等 別府 慎太郎
吉川 純一
土師 一夫
松尾 汎
松崎 益徳
笠貫 宏
高本 真一
書名ヨミ シンゾウビョウ シンリョウ プラクティス
書名別名 心臓病診療の問題点を考える : 現代から未来へ

Shinzobyo shinryo purakutisu
巻冊次 20
出版元 文光堂
刊行年月 1999.3
ページ数 316p
大きさ 26cm
ISBN 4830616601
NCID BA40894779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99104239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
心臓病診療の問題点を考える : 現代から未来へ 吉川純一 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想