過去と思索  3

アレクサンドル・ゲルツェン 著 ; 金子幸彦, 長縄光男 訳

19世紀の自伝文学の傑作にして、『詩と真実』『告白』『戦争と平和』に比肩する近代精神史の金字塔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第6部 イギリス(1852‐64)(ロンドンの霧
  • 山々の頂
  • ロンドンの亡命者たち ほか)
  • 第7部 自由ロシア出版所と「コロコル(鐘)」(遠地点と近地点(1858‐62)
  • ワシーリイ・ケリシエフ
  • 若き亡命者たち ほか)
  • 第8章 断章(1865‐68)(徒然に
  • 麗しのヴェネツィア(1867年2月)
  • 麗しのフランス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 過去と思索
著作者等 Herzen, Aleksandr
Herzen, Aleksandr Ivanovich
金子 幸彦
長縄 光男
ゲルツェン アレクサンドル
書名ヨミ カコ ト シサク
書名別名 Былое и думы
巻冊次 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.4
ページ数 605, 30p
大きさ 22cm
ISBN 4480836381
NCID BA37541293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99102924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想