江藤俊哉ヴァイオリンと共に

江藤俊哉 著

わが国ヴァイオリン界の重鎮、江藤俊哉。ヴァイオリンを習い始めた子供の頃から、カーチス音楽学校へ留学しカーネギー・ホールでの初リサイタル、その後の演奏活動等、江藤自身の書いた手紙や江藤に関わる記事等で構成し、その足跡を辿る。古希、桐朋学園大学・大学院学長就任記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人とファミリー
  • 第2章 留学生活
  • 第3章 演奏会評
  • 第4章 音楽界への発言
  • 第5章 座談会 江藤俊哉と門下生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江藤俊哉ヴァイオリンと共に
著作者等 江藤 俊哉
書名ヨミ エトウ トシヤ ヴァイオリン ト トモニ : ナニ オ ウタッテイルカ シリタイ
書名別名 何を歌っているか知りたい

Eto toshiya vaiorin to tomoni
出版元 音楽之友社
刊行年月 1999.6
ページ数 258, 58p
大きさ 22cm
ISBN 4276212839
NCID BA41546144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想