なわばりの文化史 : 海・山・川の資源と民俗社会

秋道智弥 著

自然はだれのものか?山野河海の恵みを享受しつつ、資源を枯渇させないために生み出された「なわばり」の知恵。古来の自然観から探る、資源利用と環境保護の将来像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自然観の系譜
  • 列島の資源と文化
  • なわばりの生態と文化
  • なわばりの文化史(境界と支配
  • 共有と入会い
  • 禁猟(漁)の歴史とカミの世界)
  • カミ・人・自然となわばり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なわばりの文化史 : 海・山・川の資源と民俗社会
著作者等 秋道 智弥
書名ヨミ ナワバリ ノ ブンカシ : ウミ ヤマ カワ ノ シゲン ト ミンゾク シャカイ
書名別名 Nawabari no bunkashi
シリーズ名 小学館ライブラリー
出版元 小学館
刊行年月 1999.6
ページ数 270p
大きさ 16cm
ISBN 4094601236
NCID BA41663170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想