月島物語

四方田犬彦 著

東京は銀座から歩いてゆける町・月島。吉本隆明が生まれ、大泉黒石、きだみのる、大岡昇平らゆかりの町・月島。路地と長屋ともんじゃ焼きの町・月島。鍵もチャイムも全く不要な町・月島。狭い路地の奥に居を定めた著者が、この町の全体像を、日本近代化論でも文学論でもあり都市論でもあるという全く新しい形にまとめあげた上質のエッセイ。第一回斎藤緑雨賞受賞作品。川田順造氏との対談収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ランディング・オン
  • 埋立地は語る
  • 孤児流謫
  • 月島流1990年3月
  • 大川の尽きるところ
  • 衣裳の部屋
  • 猫と鼠
  • 佃の大祭
  • 勝鬨橋と月島独立計画
  • わが隣人、中野翠〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 月島物語
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ツキシマ モノガタリ
書名別名 Tsukishima monogatari
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 1999.5
ページ数 346p
大きさ 16cm
ISBN 4087470520
NCID BA51829101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99088275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想