ハプスブルク愛の物語

ジクリト=マリア・グレーシング 著 ; 江村洋 訳

歴代の皇帝、王や大公と、彼らが愛した女性たちとの愛の数々を、きめこまやかな筆致で描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 恋のため彼女は気が狂った-フィリップ美公と狂女フアナ
  • 第2章 皇帝に愛され、英雄の母となって-バルバラ・ブロムベルク
  • 第3章 「とまれ、これ以上に素晴らしい結婚はなかった」-ヨーゼフ2世とパルマ公女イサベラ
  • 第4章 秘められた愛-フランツ・ヨーゼフをめぐる女性たち
  • 第5章 マイヤーリングの悲劇はブリュッセルで始まった-ルードルフ皇太子とベルギーのシュテファニー
  • 第6章 死んでも離れない-フランツ・フェルディナントとゾフィー・ホテク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハプスブルク愛の物語
著作者等 Grössing, Sigrid-Maria
江村 洋
Gr¨ossing Sigrid‐Maria
グレーシング ジクリト=マリア
書名ヨミ ハプスブルク アイ ノ モノガタリ : カナシミ ノ メイキュウ
書名別名 Amor im Hause Habsburg

悲しみの迷宮

Hapusuburuku ai no monogatari
出版元 東洋書林
刊行年月 1999.5
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 4887213433
NCID BA41556647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99088531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想