住民投票

新藤宗幸 編著 ; 大山礼子 [ほか]著

機関委任事務の廃止に象徴される中央‐自治体関係の改革と地域社会レベルでの新しい意思決定システムの創造に向けた動きは、日本の自治・分権の水準の向上を物語っている。本書では、住民投票制度の理論的意義ならびに制度設計上の論点を整理した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま、なぜ、住民投票なのか
  • 第1章 事例・住民投票
  • 第2章 住民参政制度の現状分析と住民投票の可能性
  • 第3章 住民投票と間接民主制
  • 第4章 住民投票と自治体政策システム
  • 第5章 地方自治体における住民投票条例制定の問題点-5W1H
  • 資料編 住民投票条例(案)の実例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 住民投票
著作者等 大山 礼子
山谷 清志
新藤 宗幸
村上 芳夫
沼尾 史久
村山 芳夫
田村 達久
書名ヨミ ジュウミン トウヒョウ
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1999.5
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4324055327
NCID BA41483521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想