漫画原論

四方田犬彦 著

漫画を漫画たらしめている内的法則とは何だろうか。いかなる約束事が漫画を絵画や小説、映画とたがわせ、アニメーションやイラストレーションといった隣接ジャンルと異なったものに仕立てあげているのか。物語の内容をひとまずおいて、物理的に漫画を築きあげている線(ふき出しやコマの配分、速度の表象など)と色彩(黒と白、色の有無)などを通して漫画を論じ、漫画を形作る「文法」とは何であるかを考える。戦後から現在までの作品を分析した漫画表現論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 映画の隣人
  • 画面の成立
  • 運動の分割
  • コマの配分
  • コマの逸脱
  • 速度の表象
  • 瞬間の変身
  • 紙の幻術
  • 風船と主体
  • 風船の諸相〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漫画原論
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ マンガ ゲンロン
書名別名 Manga genron
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.4
ページ数 390, 8p
大きさ 15cm
ISBN 4480084789
NCID BA41078217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99083135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想