銀行論

服部文四郎 講述

[目次]

  • 銀行論
  • 目次
  • 第一章 銀行の意義並に沿革 / 1
  • 第一節 銀行の意義 / 1
  • 第二節 銀行の沿革 / 5
  • 第二章 銀行の効用並に其の地位 / 10
  • 第三章 銀行の業務 / 13
  • 第四章 資本金及積立金 / 16
  • 第五章 預金 / 20
  • 第一節 預金の種類 / 20
  • 第二節 小切手 / 28
  • 第三節 手形交換所 / 30
  • 第四節 預金準備金 / 35
  • 第六章 銀行紙幣の發行 / 40
  • 第一節 銀行紙幣意義 / 40
  • 第二節 銀行紙幣發行の方法 / 44
  • 第三節 銀行紙幣の額面金額 / 58
  • 第七章 債券の發行 / 60
  • 第一節 債券の意義 / 60
  • 第二節 不動產銀行の債券 / 62
  • 第三節 動產銀行の債券 / 66
  • 第八章 割引 / 71
  • 第一節 割引の意義 / 71
  • 第二節 割引せらるゝ手形の種類並に割引の注意 / 73
  • 第三節 割引步合 / 76
  • 第四節 割引政策 / 79
  • 第五節 手形仲買人 / 85
  • 第九章 貸付 / 88
  • 第一節 貸付の意義 / 88
  • 第二節 擔保貸付 / 89
  • 第三節 信用貸付 / 95
  • 第四節 保證貸付 / 95
  • 第五節 當座貸越 / 97
  • 第六節 要求拂一時貸付 / 97
  • 第七節 貸付步合 / 98
  • 第十章 外國爲替 / 99
  • 第一節 外國爲替の意義 / 99
  • 第二節 外國爲替の起る原因 / 102
  • 第三節 外國爲替相場 / 104
  • 第四節 爲替相場の建方 / 109
  • 第五節 逆爲替 / 111
  • 第六節 外國爲替の裁定 / 112
  • 第七節 爲替相場變動に對する救濟策 / 115
  • 第八節 爲替相場變動の經濟上に及ぼす影響 / 117
  • 第十一章 中央銀行政策 / 117
  • 第一節 制限發行制と無制限發行制 / 118
  • 第二節 分散發行制と集中發行制 / 122
  • 第三節 中央銀行に對する政府の干渉 / 128
  • 第四節 中央銀行に對する課稅 / 132
  • 第五節 中央銀行官營問題 / 139
  • 第十二章 特種銀行政策 / 143
  • 第一節 日本勸業銀行 / 144
  • 第二節 農工銀行 / 150
  • 第十三章 銀行の集中 / 158

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 銀行論
著作者等 服部 文四郎
服部四郎
書名ヨミ ギンコウロン
書名別名 Ginkoron
シリーズ名 [早稻田大學第廿八回政治經済科講義録]
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 [18--]
ページ数 165p
大きさ 22cm
NCID BA75222868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21356733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想