全集日本の食文化  第11巻 (非常の食)

芳賀登, 石川寛子 監修

風土の記憶に見る、災害時の食。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 飢饉の要因と諸相(近世の飢饉-歴史性・社会性・地域性
  • 主として"三川雑記"に拠って概観した天保飢饉の様相
  • 酒と飢饉-酒造停止令をめぐって)
  • 第2章 凶作・飢饉時の食(近世土佐救荒食物史考
  • 天災、ききんと人口の停滞
  • 岩手県における凶作の一考察(第3報))
  • 第3章 戦時の食(古今腰兵粮
  • 従軍余談
  • 戦中・戦後の食の実態 ほか)
  • 第4章 救荒食・非常食の工夫(トチの実のアク抜きについて(第一報)
  • 伊豆諸島の救荒食-デンナンショウからの澱粉採取と石皿
  • 災害に備える民俗-凶作と食物への視点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全集日本の食文化
著作者等 三上 良三
下村 道子
井舟 静水
佐藤 巌英
小沢 弘
尾関 清子
山下 光雄
広谷 喜十郎
橋口 尚武
永島 政彦
浅見 益吉郎
田山 久
石川 寛子
石川 尚子
芳賀 登
荒川 秀俊
菊池 勇夫
高垣 順子
書名ヨミ ゼンシュウ ニホン ノ ショクブンカ
書名別名 非常の食
巻冊次 第11巻 (非常の食)
出版元 雄山閣
刊行年月 1999.4
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 4639015984
NCID BA40768435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99087258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想