たてがみ三度笠

大月隆寛 著

馬券狂も、血統馬鹿も、データおたくも、ダビスタ野郎も、みんなまとめて面倒見るぜっ。変わりゆくニッポン競馬の楽屋裏をそぞろ歩いた民俗学者大月隆寛、『厩舎物語』以降の競馬論集。ここ十年分、まるごと一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 競馬を見る、ということ
  • 1 蹄の音、たてがみの記憶
  • 2 生まれ、走り、流れ、そして…
  • 3 寝藁の匂いの正義
  • 4 馬と民俗学者
  • 5 地方競馬たちよ!
  • 6 紙の馬、読まれる馬
  • 7 くたばれ国際化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たてがみ三度笠
著作者等 大月 隆寛
書名ヨミ タテガミ サンドガサ
出版元 読売新聞社
刊行年月 1999.5
ページ数 486p
大きさ 21cm
ISBN 4643990147
NCID BA42438828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99092733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想