現代人権論 : 人権の普遍性と不可譲性

深田三徳 著

人権の普遍性と不可譲性に焦点をあわせ、人権の観念・思想・制度の歴史について考察しつつ世界人権宣言や国際人権規約などを手がかりに「人権はなぜ地球規模で尊重されるべきなのか」という人権の哲学的基礎の問題に初めて迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人権概念の生成と発展(「譲渡可能な権利」と「不可譲の権利」
  • 「不可譲の権利」思想の制度化
  • 「不可譲の権利」と「絶対的権利」)
  • 2 人権の普遍性をめぐる諸問題(現代世界における人権概念
  • 人権の普遍性を否定する諸見解
  • 人権概念と道徳理論
  • 人権原理のための良き理由)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代人権論 : 人権の普遍性と不可譲性
著作者等 深田 三徳
書名ヨミ ゲンダイ ジンケン ロン : ジンケン ノ フヘンセイ ト フカジョウセイ
書名別名 Gendai jinken ron
シリーズ名 法哲学叢書 8
出版元 弘文堂
刊行年月 1999.4
ページ数 251, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4335300891
NCID BA40866831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想