戦国大名領国の基礎構造

平山優 著

[目次]

  • 東国戦国大名研究と本書の問題関心
  • 第1部 在地秩序と大名権力-戦国大名領国編成の基盤(戦国大名の諸役賦課と納入の実現形態
  • 戦国期東国郷村における家と身分
  • 郷村内身分秩序の形成と展開)
  • 第2部 戦国大名領国下の郷村の構造-在地秩序維持の主体をめぐる諸問題(大名領国の支配の論理と郷村社会の論理
  • 「郷請」の展開とその構造
  • 戦国期地下人(郷中乙名衆)の存在形態 ほか)
  • 第3部 戦国大名領国の統合原理-鎮守祭礼と地域社会(中世荘園と郷村祭祀
  • 戦国期在地領主層の郷村支配と鎮守祭礼
  • 戦国期甲斐国一・二・三宮祭礼と地域社会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国大名領国の基礎構造
著作者等 平山 優
書名ヨミ センゴク ダイミョウ リョウゴク ノ キソ コウゾウ
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 1999.4
ページ数 446p
大きさ 22cm
ISBN 4751729306
NCID BA4098434X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想