死者の挨拶で夜がはじまる

丹生谷貴志 著

なにもすることがなく、名づけられることもなく、なにものでもなく…ドゥルーズ、バルトらの途方もない継承者による孤高にして異様な思考の揺動。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序にかえて 一番重要なのは、やることがないという状態を引きうけるとは何か、ということです
  • インスタント・カーマー(これがせきたんやのくまさんの話です
  • 墓標と忘却
  • 死体はモノになってくれない
  • ここでは誰も迷わない)
  • 墓石との熱狂的なダンス
  • 離人症の光学
  • 「名づけ得ぬもの」と「語り得ぬもの」
  • 「真の戦後」、「真の荒野」
  • 幼年期は捏造される〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死者の挨拶で夜がはじまる
著作者等 丹生谷 貴志
書名ヨミ シシャ ノ アイサツ デ ヨル ガ ハジマル
書名別名 Shisha no aisatsu de yoru ga hajimaru
出版元 河出書房新社
刊行年月 1999.4
ページ数 180p
大きさ 20cm
ISBN 4309242162
NCID BA41079661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99092627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想