ハリボテの町  通勤編

木下直之 著

川沿いの公園で見つけたブロンズ像、台座と2つの足を遺したまま、壊され…。通勤の途中で目にする、場違いでなつかしいものたち。かつては「ふつう」だったのに、いつしか時代から置き去りにされてしまった奇妙な風景を、写真とコラムで紹介する。『ハリボテの町』前半の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 立入り禁止の禁止
  • 残されたんだ門
  • 壊されたんだ門
  • 橋には名前がある
  • どん底橋
  • 下駄の効用
  • 橋の上のパイ
  • 歩道橋の行方
  • 目の上の柱
  • 招き猫犬獅子〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハリボテの町
著作者等 木下 直之
書名ヨミ ハリボテ ノ マチ
書名別名 Haribote no machi
シリーズ名 朝日文庫
巻冊次 通勤編
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1999.4
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 4022641878
NCID BA42266176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99078984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想