郷愁の国から : ポルトガル放浪記

石井崇 著

イベリア半島の最西端、ポルトガルは海の国。日本との交流も古く、ヨーロッパで唯一、茶をCHAと発音する国でもある。潮風に晒された港町、栗の大木に覆われた山村は、どことなく懐かしい街並み…。ポルトガルが発する摩訶不思議なエネルギーに誘われて、1年にも及ぶキャンプの旅は始まった。旅絵師がみたポルトガル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幻のファド・レストラン
  • キャンプ場からの居酒屋通い
  • CH'AとCAF'E
  • 路傍の人、漂泊の理
  • アラブのお姫様がみたアーモンド畑は
  • オリーブとバター文化圏の共存
  • 市場(メルカード)のにぎわい
  • ピザとトップレス
  • 村の華は巡礼祭(ロメリア)
  • 大航海時代の申し子はいま〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 郷愁の国から : ポルトガル放浪記
著作者等 石井 崇
書名ヨミ サウダージ ノ クニ カラ : ポルトガル ホウロウキ
書名別名 Saudaji no kuni kara
出版元 東京書籍
刊行年月 1999.4
ページ数 115p
大きさ 22cm
ISBN 4487794838
NCID BA41891765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想