神話学講義

松村一男 著

西洋文明至上主義の時代にヨーロッパで生まれた神話学が、現代にいたるまでどのように変容してきたか、学説史にそって解き、現代において神話が果たす役割とは何かを分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神話学説史の試み
  • 第2章 十九世紀型神話学と比較言語学
  • 第3章 マックス・ミュラーと比較神話学の誕生
  • 第4章 フレイザーと『金枝篇』
  • 第5章 デュメジルと「新比較神話学」
  • 第6章 レヴィ=ストロースと「神話の構造」
  • 第7章 レヴィ=ストロースと「神話論」
  • 第8章 エリアーデと「歴史の恐怖」
  • 第9章 キャンベルと「神話の力」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神話学講義
著作者等 松村 一男
書名ヨミ シンワガク コウギ
書名別名 Shinwagaku kogi
シリーズ名 角川叢書 5
出版元 角川書店
刊行年月 1999.3
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 4047021067
NCID BA40736723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99079936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想