近代日本酒造業史

藤原隆男 著

長い発展の歴史を持つ清酒醸造業の果たした社会経済的な役割と意義は大きい。本書では、明治初年から大正期までの時期を台頭・成立・確立・再編の4つの時期に区分し、地主兼営副業型酒造業を主な対象として、酒造業政策、酒造技術、酒造経営(形態)を指標として近代日本の清酒醸造業の展開過程を実証的に検討する。近代酒造業の発展史について、単に資本主義的発展の遅れの問題を指摘するのでなく、日本国家財政上における酒造業発展の意義の積極的な把握を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 近代酒造業の類型と時期区分
  • 第1章 近代酒造業の台頭
  • 第2章 近代酒造業の成立
  • 第3章 近代酒造業の確立
  • 第4章 近代酒造業の再編
  • 補論 「近代的」酒造労働形成の系譜-「古典的」酒造労働から「近代的」酒造労働へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本酒造業史
著作者等 藤原 隆男
書名ヨミ キンダイ ニホン シュゾウギョウシ
書名別名 Kindai nihon shuzogyoshi
シリーズ名 Minerva日本史ライブラリー 8
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1999.3
ページ数 453, 9p
大きさ 22cm
ISBN 462303013X
NCID BA40891985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99079692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想