民間巫者信仰の研究

池上良正 著

[目次]

  • 問題・対象・方法
  • 民間巫者信仰の諸相-津軽地方のカミサマ系巫者を中心に
  • 場所の霊性と巫者信仰-恐山と岩木山を題材に
  • 民間巫者の「近代」-地方紙の記事を素材として
  • 巫者信仰における制度化の葛藤-赤倉山神社の成立過程を事例として
  • 巫者信仰における救済の諸相(津軽のカミサマ信仰を事例として
  • 沖縄のユタ信仰を事例として)
  • ユタ的宗教者の基本的性格
  • 集落社会における巫者消長の動態
  • 巫者信仰の現代的展開
  • 総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民間巫者信仰の研究
著作者等 池上 良正
書名ヨミ ミンカン フシャ シンコウ ノ ケンキュウ : シュウキョウガク ノ シテン カラ
書名別名 宗教学の視点から

Minkan fusha shinko no kenkyu
出版元 未来社
刊行年月 1999.2
ページ数 554, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4624100387
NCID BA40873826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99079435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想