低次元物性と密度波

グリュナー [著] ; 村田惠三, 鹿児島誠一 共訳

本書は固体物理に関心をもつ大学院生や研究者向けに書かれたもので、電荷密度波とスピン密度波という二つの金属の対称性破壊の典型的タイプについての理論的、実験的現状を紹介する。これらは低次元金属において電子‐フォノンと電子‐電子相互作用の結果、生じたものである。低次元電子ガスや、非等方性物質の基本的な概観から始めて、相転移の平均場近似を第二量子化を用いて、また、相転移や基底状態に関する実験事実を記述する。ついでギンツブルグ‐ランダウ理論を用いてゆらぎの効果や集団励起を解説する。格子や不純物とこれらの状態の相互作用、最後に、外部摂動に対する基底状態の応答について述べる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 1次元電子ガス
  • 2 物質
  • 3 電荷密度波転移と基底状態-平均場近似と基礎となる観測
  • 4 スピン密度波(SDW)転移と基底状態-平均場近似と基礎となる観測
  • 5 ゆらぎの効果
  • 6 集団励起
  • 7 整合性効果
  • 8 密度波と不純物の相互作用
  • 9 電場のもとでの密度波のダイナミクス
  • 10 非線形伝導
  • 11 密度波の運動に伴う電流振動と干渉効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 低次元物性と密度波
著作者等 Grüner, George
村田 惠三
鹿児島 誠一
Gr¨uner George
村田 恵三
グリュナー
書名ヨミ テイジゲン ブッセイ ト ミツドハ
書名別名 Density waves in solids

Teijigen bussei to mitsudoha
出版元 丸善
刊行年月 1999.3
ページ数 230p
大きさ 21cm
ISBN 4621045628
NCID BA40818624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想