柳田国男とその弟子たち : 民俗学を学ぶマルクス主義者

鶴見太郎 著

異なる思考の対峙と交流-。戦前・戦中、弾圧によって運動から離脱した一群のマルクス主義者が柳田の門を叩いた。橋浦泰雄、大間知篤三、中野重治、福本和夫、石田英一郎…著者は丹念な聞き取りと原資料に基づいてこの事実を掘り下げ、隠された思想のドラマを追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦時下に於ける民俗学研究の組織化-橋浦泰雄と「民間伝承の会」
  • 転向期の弟子たち-大間知篤三を中心に
  • 戦時下の郷土とマルクス主義者(中野重治郷土と記述を結ぶもの
  • 1942年夏福本和夫の故郷再訪)
  • 戦後に於ける対峙-石田英一郎からの問いかけ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田国男とその弟子たち : 民俗学を学ぶマルクス主義者
著作者等 鶴見 太郎
書名ヨミ ヤナギタ クニオ ト ソノ デシタチ : ミンゾクガク オ マナブ マルクス シュギシャ
書名別名 Yanagita kunio to sono deshitachi
出版元 人文書院
刊行年月 1998.12
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4409540564
NCID BA39277345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99076195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想