環境税とは何か

石弘光 著

環境問題の広がりのなかで、地球温暖化対策としての炭素税など、環境税の必要性が議論されている一方、共通の理解は進んでいるだろうか。本書では、これまでの直接規制や自主取り組みといった政策の有効性と限界を指摘、環境政策と経済的手段の関係を示しながら、諸外国の例も紹介して、内容・効果・影響など税の全体像を解説する。

「BOOKデータベース」より

環境問題の広がりのなかで、地球温暖化対策としての炭素税など、環境税の必要性が議論されている一方、共通の理解は進んでいるだろうか。本書では、これまでの直接規制や自主取り組みといった政策の有効性と限界を指摘、環境政策と経済的手段の関係を示しながら、諸外国の例も紹介して、内容・効果・影響など税の全体像を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代の環境問題-いまなぜ環境税か
  • 第2章 これまでの環境政策とその限界-直接規制と自主的取り組み
  • 第3章 環境政策と経済的手段-環境税の理論的基礎
  • 第4章 環境税のデザイン-炭素税導入をめぐって
  • 第5章 環境税の経済効果と今後の課題

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代の環境問題-いまなぜ環境税か(環境汚染の多様化・グローバル化
  • 地球温暖化とその対策-国際的取り組み ほか)
  • 第2章 これまでの環境政策とその限界-直接規制と自主的取り組み(政府介入による規制と補助金
  • 企業の自主的取り組みとその限界 ほか)
  • 第3章 環境政策と経済的手段-環境税の理論的基礎(外部効果としての環境汚染
  • 経済的手段とその選択 ほか)
  • 第4章 環境税のデザイン-炭素税導入をめぐって(新税か既存税制か
  • 炭素税および炭素・エネルギー税-日本に関するケース・スタディ ほか)
  • 第5章 環境税の経済効果と今後の課題(所得分配と税負担
  • 経済成長・国際競争力に与える影響 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境税とは何か
著作者等 石 弘光
書名ヨミ カンキョウゼイ トワ ナニカ
書名別名 Kankyozei towa nanika
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.2
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4004306000
NCID BA40058236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想