怪盗ルパン全集  10

ルブラン 作 ; 南洋一郎 編著

国宝級の美術品が厳重に警備された屋敷から忽然と消え失せた。はたしてルパンの仕業なのか?名刑事ガニマールがその謎を解き明かす『古代壁掛けの秘密』、毎年同じ日に古い屋敷に集まる人びとの秘密をルパンが探る『三枚の油絵の秘密』など、七編を収録した傑作短編集。

「BOOKデータベース」より

窓の外をぼんやりとながめていたルパンの目が、何かをとらえた。チカッ、チカッ…むかいの古いアパートから、反射する太陽の光がひとつのメッセージを送っている。ルパンは友人ルブランとともに発信現場へかけつける。そこにはすでに息絶えた男性が、無惨なすがたでたおれているばかり。ルパンは、日光の暗号から何を読みとったか。

「BOOKデータベース」より

窓の外をぼんやりとながめていたルパンの目が、何かをとらえた。チカッ、チカッ…むかいの古いアパートから、反射する太陽の光がひとつのメッセージを送っている。ルパンは友人ルブランとともに発信現場へかけつける。そこにはすでに息絶えた男性が、無惨なすがたでたおれているばかり。ルパンは、日光の暗号から何を読みとったか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一話 日光暗号の秘密
  • 日光の反射 / 12
  • 暗号の解読 / 18
  • 大どろぼうの男爵夫人 / 22
  • 秘書の死体 / 26
  • 男爵とルパン / 34
  • 犯人は / 39
  • はたして、真犯人か / 44
  • 金庫の中 / 51
  • 金庫の合言葉 / 55
  • 第二話 赤マフラーの秘密
  • 犯罪のにおい / 60
  • 新聞紙づつみ / 65
  • ルパンの推理 / 70
  • ルパンの友情 / 76
  • 被害者と宝石 / 79
  • 左ききの男 / 83
  • 証拠不十分 / 87
  • 血ぞめの指紋 / 93
  • 宝石 / 97
  • 第三話 古代壁掛けの秘密
  • 国宝級の大美術品 / 104
  • 鳴りひびく非常ベル / 108
  • 消えた壁掛け / 112
  • 大佐の惨死体 / 116
  • ガニマール老刑事 / 118
  • 真犯人はルパンか / 121
  • 消えた死体 / 126
  • おどろくべき謀略 / 129
  • ルパンの手紙 / 133
  • 第四話 三枚の油絵の秘密
  • 二つの同じ油絵 / 139
  • 古い謎の家 / 144
  • ふしぎな人びと / 149
  • 狂人の集まりか / 153
  • 古やしきの秘密 / 160
  • 老女のなぞの遺言 / 167
  • 四月十五日の謎 / 169
  • 油絵の謎 / 172
  • 日時計の謎 / 176
  • 15-4-2の謎 / 182
  • 第五話 空とぶ気球の秘密
  • 流れついた少年の死体 / 187
  • 私立探偵バルネ / 194
  • ふしぎな図形 / 202
  • 塔にのぼる計画 / 208
  • 射撃の名人 / 211
  • 真相は / 216
  • やぶった小切手 / 225
  • 第六話 金の入歯の秘密
  • ぬすまれた教会の宝 / 230
  • しのびよった曲者 / 235
  • 金歯の謎 / 239
  • 三月四日の謎 / 242
  • 謎はとけた / 247
  • 第七話 怪巨人の秘密
  • よっぱらい自動車 / 253
  • おそろしい凶器 / 258
  • 第二の死体 / 264
  • ルパン登場 / 267
  • 怪巨人の正体 / 277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 怪盗ルパン全集
著作者等 Leblanc, Maurice
南 洋一郎
池田 宣政
清水 勝
ルブラン モーリス
ルブラン
書名ヨミ カイトウ ルパン ゼンシュウ
書名別名 七つの秘密
巻冊次 10
出版元 ポプラ社
刊行年月 昭和34
版表示 文庫版
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 4591062821
NCID BA64286370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45039010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
七つの秘密 清水 勝
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想