半導体デバイス

春木弘 編著

半導体デバイスは、電子機器装置の頭脳としてあるいは電力制御の心臓部として、我々の身のまわりで幅広く使われている。しかしひとくちに半導体デバイスといっても、増幅、計算、記憶から電力変換、はては光電変換まで非常に多岐にわたる機能をもった種々のデバイスの集合体である。そしてそのそれぞれが、多くの技術者が取り組んでいる大きな技術分野となっている。各技術分野ごとに、入門書や専門書が数多く出版されているが、本書はそれらを網羅して1冊にコンパクトに記述したものである。各分野ごとに取捨選択を行い、半導体というものを一通り知るために必要と考えられる最小限の内容をわかりやすくまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 半導体の基礎
  • 2章 半導体の製造技術
  • 3章 個別半導体デバイス
  • 4章 アナログIC
  • 5章 論理IC
  • 6章 マイクロプロセッサ
  • 7章 メモリ
  • 8章 その他の半導体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半導体デバイス
著作者等 春木 弘
正田 英介
書名ヨミ ハンドウタイ デバイス
書名別名 Handotai debaisu
シリーズ名 アルテ21 / 正田英介 監修
出版元 オーム社
刊行年月 1999.2
ページ数 202p
大きさ 21cm
ISBN 4274035158
NCID BA40980291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想